• HOME
  • BLOG
  • WordPress
  • WordPressで「閲覧できません。(Forbidden access)」のエラー表示が出たときの対応策

WordPressで「閲覧できません。(Forbidden access)」のエラー表示が出たときの対応策

WordPressで「閲覧できません。(Forbidden access)」のエラー表示が出たときの対応策

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは!Chieです。

 

今回は、WordPressでのトラブルの解決法をご紹介します。

コンタクトフォーム(Contact Form 7)でお問い合わせフォームを作成していて保存しようとしたところ以下のようなページが表示され、一向に保存できない…という問題が発生しました。

↓クリックするとポップアップします↓

forbiddenaccess

https://fun-fan-create.com/wp-content/uploads/2020/03/onayamisisuters1.png

えぇ~!!こんなの起こったらどうしていいか分からない!

https://fun-fan-create.com/wp-content/uploads/2020/02/Chie-1-300x300.jpg

落ち着いて。私が解決できた方法をシェアしますね!

WordPressでシステムを作っている中で、急に画面全部にエラー表示が出ると焦ってしまいますよね。ですが、まずは落ち着いてください。原因が分かれば対応することができるので、原因と対応をこれから解説していきます。

 

SiteGuardは原因ではない

エラー画面をよくみてみると、右下に「SiteGuard Lite」という文字があります。

↓クリックするとポップアップします↓
サイトガードが原因?

私が最初に原因を疑ったのは、SiteGuard WP Plugin。こちらは、サイトのセキュリティを強化してくれるプラグインでインストールされている方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、SiteGuard WP Pluginは原因ではないです。

有効化を外したり内部の設定を変えたりしましたが反応は変わらず、「閲覧できません。」の表示が消えることはありませんでした。

https://fun-fan-create.com/wp-content/uploads/2020/03/onayamisisters3.png

えぇ~。何が原因か分からないじゃん…

 

問題解決はConohaサーバーのWAF

今回のエラーの原因はサーバー側のWAFというセキュリティ設定でした。

危険性のあるアクセスとしてブロックされてしまっていたことがこのエラー表示につながっていましたようです。サーバーのセキュリティが高いからこそ起こってしまったエラーですね。

WAFって何?

WAFとは

Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。

(Conohaサーバーより)

私はConohaサーバーを利用していますので、Conohaサーバでの解決策を順に沿ってご案内します。

他のサーバーを使われている方も同様の項目で解決するかと思います!

エラー表示の解決策

1.Conohaサーバーへのログイン

2.左タブから「サイト管理」を選択

3.「サイトセキュリティ」を選択

↓クリックするとポップアップします↓

ConoHaサーバWAF

4.上タブから「WAF」を選択

5.該当ログを除外

↓クリックするとポップアップします↓

WAFで該当ログを除外

 

6.除外ログを選択すると、いかのような画面になりますので、保存」で完了です!

↓クリックするとポップアップします↓

WAF除外設定

この操作のみで、エラー表示はなくなりました。

https://fun-fan-create.com/wp-content/uploads/2020/03/yumeko1.png

ほんとだ!保存できるようになった!

以降の編集での注意点

先ほどの操作でエラー表示はなくなりましたが、それ以降に編集保存の際に同じエラー表示になることがあります。ですので、その解決策も併せてご紹介します。

1.WordPressで編集作業。

2.保存前にWAF「利用設定をOFF」にする。

下の画像のように左下にWAF設定変更が成功しました。という表示が出たら、WordPressでの作業を保存しましょう。

 

↓クリックするとポップアップします↓WAFOFF設定

3.保存が完了したら、WAF「利用設定をON」に戻す。

 

WAFがOFFになったままだとセキュリティが甘くなってしまいますので、ONに戻すことを忘れないようにしてくださいね。

パソコンでの作業の場合は、ConohaサーバーのWAFの設定画面を別タブで開いておけば、保存するたびにログインからする必要がないので時短になります。よければこちらも参考に。

まとめ

いかがでしたか?

エラー表示は無くなりましたか?

https://fun-fan-create.com/wp-content/uploads/2020/03/onayamisisters3.png

私が試行錯誤して悩んだ30分が数秒で…

https://fun-fan-create.com/wp-content/uploads/2020/03/OAFA0425-e1584358739668-300x300.jpeg

私も相当悩んだので、気持ちは大いに共感します。(苦笑)

でも、試行錯誤したからこそ、SiteGuard WP PluginやConohaサーバー、コンタクトフォームについて深く知れました。

試行錯誤するからこそ、機能を知ったり、次に同じところでつまずいても操作を自分でできるようになれます。試行錯誤の時間は無駄ではない…ですが、問題解決までもちろん短い方がいいですよね。

この記事が、トラブル早い問題解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA