ノウハウコレクターを脱出する方法|そもそもノウハウコレクターはだめなこと?

ノウハウコレクターからの脱却方法とは

この記事は約 13 分で読めます。

こんにちは!Chie(@funfanmakers)です。

 

「知識やノウハウをたくさん学んでいる割に収入に繋がらない!」

という方のことを指すノウハウコレクター。

ネットビジネスに関わったことのある方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回はそんなノウハウコレクターに関してのお話です。

 

お悩みシスターズの声
Fun Recipeのボイスアイコン
知らないことを調べることで満足しちゃうんだよね~。
Fun Recipeのボイスアイコン
私は実践してるし、ノウハウコレクターじゃないよ。
Fun Recipeのボイスアイコン
効率よく学んだことを使う方法なんてあるの?!

お悩みシスターズの中には、学んだことをうまく実践できていない方もいるようですね。

 

先に私の結論からお話すると、ノウハウコレクターが悪いとは全く思っていません。

 

私もビジネストレーニングを過去100回以上受けていますし、書籍も積極的に読むようにしています。

新しい知識を増やすことは自分の考えの幅が広がることにつながりますよね!

 

ですが、ただのノウハウコレクターではなく、どうせなるなら稼げるノウハウコレクターがいいですよね。

今回は、ブログで稼ぎたいのになかなか収入に繋がらないというノウハウコレクターの方向けにどうすれば稼げるノウハウコレクターになるのかについてお話していきます。

 

そもそも、ノウハウコレクターとは何?と思われる方もいらっしゃるかと思いますので

今回はノウハウコレクターとは?そもそもノウハウコレクターではいけないのか?どうすればノウハウコレクターを脱出できるの?についても、かなり細かい部分まで書いていますのでぜひ最後までご覧くださいね。

 

ノウハウコレクターとは?どんな特徴があるの?

ノウハウコレクターって何?

まず、ノウハウコレクターという言葉を聞いて最初に生まれる疑問は、「ノウハウコレクターってなに?」ということだと思います。

 

ノウハウコレクターとは、書籍や商材を通じてたくさんのノウハウや情報を購入、学んでいるにもかかわらず思うように収入に繋がっていない状態を指します。

沢山の情報を学んでいるにもかかわらず、情報を得ることで満足してしまい実際に行動しないことが原因でノウハウコレクターになってしまうケースが多いです。

Fun Recipeのボイスアイコン
そう言われると、思うほど収入に繋がっていないかも…

自分のこれまでの結果を振り返るとこのように思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

では、そんなノウハウコレクターの特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?

私がこれまで500名以上にサポートをする中でノウハウコレクターの共通点のうち代表的なものとその対処方法を一つずつお話していきます。

自分が当てはまっているか確かめてみてくださいね。

学ぶことで満足してしまう

ノウハウコレクターの特徴

ノウハウコレクターがネガティブな意味で使われることが多いのは、これが原因だと個人的には感じています。

実際に「学ぶことに満足してしまってそこで止まってしまう。」という方が非常に多いです。

 

イメージしやすいように例を一つ挙げます。

あなたが自転車を乗れるようになった時のことを思い出してください。

 

(余談ですが、私は小学校1年生の時に猛特訓しました。)

自転車の乗り方自体は周囲の大人の乗っている姿を見て知っていても、実際に練習してみると乗れるようになるまでに何度も転んだという経験を持たれている方も多いかと思います。

当時の私も乗れるようになるまで、膝に何度擦り傷を作ったかわからないくらい転びました。

Fun Recipeのボイスアイコン
皆、あんなに簡単そうに乗っているのに、なんで私は乗れないんだ?

と諦めそうになったこともありました。

 

ですが、練習をしなければ、いつまでたっても自転車を乗る感覚が分からないですよね。

 

何度も転んでいるうちにどうすれば転ばなくなるのかの感覚がつかめてきて、自転車を乗るバランスを掴むことに繋がり、ある時を境にして乗れるようになりました。今改めて振り返ると、自転車に乗る感覚をつかむために、その前に転ぶ感覚を掴んだように感じます。

 

ここで話を戻しますね。

学ぶことで満足するというのは周囲の大人が自転車に乗っているのを見て、自分も乗れるような気になっている状態と同じです。

なぜ、学ぶことで満足してしまうのか。

この原因はそれぞれで違うかと思いますが、一番多く見受けられるのが

失敗するのが怖くて、学ぶことに逃げているというパターンです。

 

自転車の話で言うと、転ぶのが怖くて練習をしない状態ということです。

何度も転ぶのと同様で、学んだことを実践行動をすると必ず失敗があります。

ですが、ノウハウを学んでいるだけであれば、自分が傷つくことは起こりません。

 

失敗を回避したい気持ちが強すぎて学ぶことに逃げてしまう方が非常に多いのです。

 

この場合は何のためにノウハウを学んでいるのか、そのノウハウを通じて自分はどうなっていきたいのかという目的に再度立ち戻ってみるのがいいでしょう。

 

ノウハウがあれば稼げると思っている

ノウハウコレクターの特徴

次は、ノウハウがあれば稼げると思っているということです。

ノウハウはいわば教科書です。ツールは道具です。

 

例えば、あなたがiPhoneで稼ごうと思ったと仮定しましょう。

この場合、iPhoneの取り扱い説明書がノウハウ。

稼ぐ道具はiPhoneなのでiPhone自体がツールになりますね。

 

ノウハウがあれば稼げるのであれば、iPhoneの取り扱い方法を知っているだけで稼げることになります。

Fun Recipeのボイスアイコン
えっ?!iPhoneだけ持っていても、稼ぐ行動しなければ稼げないよね…

 

そうですよね。収入を稼ぐのは、あなた自身です。

ツールをどう使うのか、ノウハウをどう活かすのかはあなた次第です。

ノウハウやツールを得たとしても、それをどう使えばよいのかが分かっていないと収入には繋がりません。

 

例えば、国民的アニメの「ドラえもん」

私も子どものときに毎週欠かさず見ていましたし、大人のなってからも劇場版では思わず涙してしまうほど大好きなアニメです。

ドラえもんでは毎回のび太くんのピンチを助けるために、秘密道具を出してサポートをしてくれます。

ドラえもんの秘密道具はそれ自体でとても便利ですが、のび太くんが使い方を間違えたことによってバッドエンドになることがありますよね。

 

これと同じで、ノウハウを得るだけでは稼ぐことはできません。

あなたがそれをどう使うのかが最も重要なのです。

 

どこかに一番良いノウハウがあると思っている

ノウハウコレクターの特徴

ビジネスを始めたての方で多いのがこれです。

 

インターネットの発達によってビジネス案件や情報商材はインターネット上に溢れています。

毎日、どこかで立ち上がっていると言っても過言ではないでしょう。

ですので、これで成功できる!とビジネス商材を購入したとしても少し実践して上手くいかないタイミングで真新しい商材が出てきたら、ついつい新しいビジネスを購入してしまうという方がおられます。

 

情報を得る事自体は自分の知識の幅を広げるために素晴らしいことだと思うのですが、

一番よいノウハウを探す旅をするのは、行動を振り出しに戻して実践してまたうまくいかなければ別のノウハウを探して振り出しに戻って…というループになってしまうので、あなたの成功を遠ざけてしまう可能性が高いです。

言い換えるのであれば、テレビゲームで少しうまくいかなければ、すぐにリセットしてしまう「リセット癖」と同じです。

 

なぜ、リセット癖が成功を遠ざけてしまうのかというと前項でもお話しましたが、ノウハウは道具でしかないからです。

道具を使いこなす前から、よりよい道具を探しているに過ぎません。

今自分の持っているノウハウをどう活用するのか。

それに集中する方が、あなたの行動は前に進みますし、それが、あなたの結果に繋がります。

稼げないことを人のせいにする

ノウハウコレクターの特徴

こちらはノウハウというよりは、ノウハウを使うときのマインドについてですね。

ネットビジネスは、自分の行動次第で結果が大きく左右します。

同じノウハウや環境で結果を出している人がいるので有れば、結果が出ないのはノウハウや環境のせいではありません。

ですが、自分の結果の原因を「あの人が悪い」「私が結果が出ないのは、環境のせいだ」と外に向ける方も一定数おられます。

 

矢印を外に向けているうちは、自分の結果には繋がらないでしょう。

その理由は、自分の結果の原因を外側に向けているうちは、自分に矢印をむけるという「インサイドアウト」の視点が弱いからです。

自分にどこか足らない部分があったのではないか、他にも自分ができることがあるのではないかというインサイドアウトの視点を持つからこそ、自分の成長に繋がります。

ネットビジネスで収入を得続けることは自分の成長に貪欲になり続けることだと私は考えています。

 

インサイドアウトとは何か?というのはこちらの記事でお話していますので、問題の原因を外に向けてしまいがちだと感じられる方はこちらもご覧ください。

人間関係うまくいかないのはあの人のせい?良好な人間関係を創る秘訣とは?

この問題から脱出するためには、問題が起こったときに、自分にまずは矢印を向けること。

自分に何かできたことがあるんじゃないかなという視点で物事を捉えることです。

 

知識をつまみ食いをしている

ノウハウコレクターの特徴

ここまで、何度も出てきている内容ですが、知識を取り入れることが悪いわけではありません。

 

ですが、知識を取り入れる時は、「自分が何を目的にしているのか」をはっきりさせる必要があります。学ぼうとしている内容が目的に沿っているのかを明確にすることで、今取り入れるべき知識なのかを選別することができますよね。

 

例えば、

「お金を稼ぐつもりがなく、趣味ブログを楽しみたい」

「月にブログで10万稼ぎたい」

という2つの目的では取り入れるべき情報が変わってきます。

 

前者であれば、趣味をより充実させるための情報を積極的に取り入れるべきだし、後者であればブログでの収入の作り方や増やし方など、収入への繋げ方を積極的に学んだ方が目的にたどり着くまでが速いです。

知識をつまみ食いしているというのはどういうことかというと、たくさんの知識を少しずつ得ることで全て知っているような感覚になっている状態です。

これが起こる原因は、なぜそのノウハウを得ようとしているのかという目的がはっきりしていないことが挙げられます。

目的をはっきりさせ、その目的に沿う情報を学び、得た情報を使ってまずは実践してみる。

それが知識のつまみ食いからの脱出に効果的です。

 

実践したつもりになっている

Fun Recipeのボイスアイコン
実践がないのは、収入を生み出さないのは分かっているよ。
Fun Recipeのボイスアイコン
ですよね。ではどれくらい実践されていますか?
Fun Recipeのボイスアイコン
1日30分くらいかなぁ…なかなか別のことで忙しくて。

これは実践されている中に入るでしょうか?

継続して取り組まれているので、実践されていることに変わりはないですよね。

 

ブログで稼ぐということは、収入を得るための仕事として取り組むこと。

あなたの目的に合わせた仕事意識で取り組む必要があります。

あなたの目的が月に1万円ブログで稼ぐのであれば、お小遣いを稼ぐ意識での継続が

月に100万円稼ぐのであれば、月に100万円稼ぐ仕事意識を持つ必要があります。

 

もう一つ、実践したつもりになって、実際はそんなに行動できていないという問題を防ぐ方法があります。

それは「定量的」な活動記録を付けること。

何をどれくらい活動したのかを「数」として記録することです。

キーワードを何個調べたのか。

何記事書いたのか。

あなたが日々頑張っている軌跡を数で記録することで客観的なデータとして判断することができます。

Fun Recipeのボイスアイコン
今日は頑張った気がする!

このような達成感を感じることも大事なのですが、日々変化する感覚をデータ化するのは難しく自分がどれくらい実践したのかを計る指標としては不十分です。

 

結果が出ないのはノウハウが足らないからだと思っている

Fun Recipeのボイスアイコン
ノウハウも大事だけど行動が大事!というのは、ここまででよく理解しました!なので、どう行動するかを勉強してきます。

このようにおっしゃる方も中にはいらっしゃいます。

これでは、いつまでたっても実践に出ることができません。

 

ノウハウは、これまでにあなたの中に蓄積しています。

そのノウハウで、行動しましたか?

 

土台を築くことは重要ですが、その後は行動の中でしかあなたに必要なノウハウは見つかりません。

ノウハウを増やしすぎて、行動できなくなることが収入に繋がらないという結果に繋がっています。

ですので、ノウハウは必要なものを必要なだけを取り入れて、断捨離するようにしましょう。

 

完璧主義

ノウハウコレクターの特徴

最後はこれ!

「こんな記事でいいのかな。」

「アクセス集まらなかったらどうしよう。」

と不安になって行動に繋がらないパターンです。

 

「よく見られたい。」というある種の完璧主義からくる場合が多いのかなと思いますが

行動しなければ結果はゼロです。

どれだけ推敲した記事の下書きがあってもアップしていなければ、読者にあなたの頑張りは全く届きません。

今のあなたの全力を出そうとする姿勢を持つことは素晴らしいことですが、それを追及しすぎて行動が止まってしまうのは本末転倒です。

 

後で追記したり、修正することは可能なので、「行動ファースト」で前のめりに行動してみましょう。

 

ノウハウコレクターはダメなの?

ここまでノウハウコレクターの特徴についてお話してきました。

ここまでの内容でよくいただく質問はこちらです。

Fun Recipeのボイスアイコン
じゃあ、Chieさんはノウハウコレクターはダメだと思っているですか?
Fun Recipeのボイスアイコン
全くダメだと思っていません!むしろ、私もノウハウコレクターです。

 

そうです。

ノウハウコレクター自体がダメなわけではありません。ノウハウを集めることは、知識を増やすことです。

知識を増やすことで、自分の考えの幅が広がります。収入を稼ぎ続ける自分になるために成長を目指すうえで学ぶことは不可欠だと私は考えています。

 

ですが、ノウハウを集めるだけの「行動しないノウハウコレクター」では収入に繋がらないということです。

これが、稼げるノウハウコレクターと稼げないノウハウコレクターの大きな違いです。

 

ただ、ここで一つ大きな問題があります。

ノウハウを集めすぎると、何を信用すればいいか分からなくなって自分の行動に迷いが生じてしまう可能性があります。自分の目的に一番マッチする情報や信頼できるメンターなど、芯になる情報源は絞った方が自分が取るべき行動が明確になるのでそっとオススメします。

 

ノウハウコレクターからの脱出方法

ノウハウコレクターを脱出するには

では、ノウハウコレクターからどうすれば脱出できるのでしょうか?

ここまでの内容から、「集めたノウハウを実践すること」の重要性をお話してきました。

ではどのように実践したら、効率よく結果に活かすことができるのでしょうか。

私がノウハウを入手したときにどのように知識を知恵に昇華していくのかを3ステップにまとめましたのでご紹介します。

1.インプットする

最初は学ぶ段階です。

ここでのポイントは「受身的」に学ぶのではなく、「主体的」に学ぶこと。

例えば、あなたがブログの書き方のノウハウ本を見ながら、ブログの記事を書こう!と思っていると仮定します。

受身的に学ぶというのは、ただブログの書き方を学ぶことです。

「こう書くのか、へぇ~」といった感じでしょうか。

 

主体的に学ぶというのは、「私が次に書こうと思っている○○をうまく記事にまとめるにはどう書けばいいかな」という自分の実践に当てはめて学ぶことです。

2.情報を見ながら実践する

次のステップは、その情報を見ながら、一緒にやってみることです。

これは比較的多くの方が実践されている内容ではないかと思います。

操作方法を見ながら、自分のブログの調整をしたり、トラブルシューティングをしたり。

対策方法や解説を見ながら問題を解消することで、自信を持って作業することができますよね。

 

3.自分だけで実践する

これが最大のポイントです。

ノウハウを見ながら実践した後は、同じ作業を今度は自分だけで実践してみましょう。

これをすることによって、自分が理解している部分も明確になりますし、逆に理解できていない部分も明確になります。

せっかく情報を見ながら一度完成したものを初期設定に戻してもう一度実践するわけなので、ひと手間ふた手間増えて面倒に感じるかもしれません。

次同じ問題にぶつかったときに、自分で解決できるのが自分の腑に落ちた状態、言い換えると、頭でっかちの知識ではなく、使える知恵に昇華できた状態だと私は考えています。

使える知恵にするためのには「自分だけでの実践」は欠かせません。

 

こちらの動画でもくわしくお話していますので、ノウハウコレクターかも?と思われた方はこちらもご覧ください。

 

 

 

 

ノウハウコレクターからの脱却のまとめ

自分メディアで稼ぐには

いかがでしたか?

ノウハウコレクターであることは、自分の成長に貪欲で前向きに自分のための学びを取れるという証拠ですので全く悪いことではありません。

あなたの目的が「自分が成長すること」なのであれば、それでももちろん構わないと思いますが、「収入を稼ぐこと」が目的で、その目的達成のために学ぶことが必要だからノウハウを蓄積しているのであれば、収入を稼ぐ行動に繋げないと意味がありません。

つまり、自分の目的をはっきりさせてから行動することが重要ということですね!

 

前項の完璧主義の項目でもお伝えしましたが、他の人の目や評価が気になって行動ができないというのはよく聴くお悩みです。

私も以前は「他人の顔色を伺いながら、選択する」というタイプだったのですが今は、自分軸で生きられるようになりました。その変化のきっかけをこちらの記事にまとめましたのでよけれどこちらもご覧ください。

タイトルと写真

他人の目を気にしない方法!他人の目を気にしないと自分らしく生きられる!

 

では今回は以上になります!

有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA