人たらしテクニック伝授!モテる話の聞き方はこの3ステップだけ!

この記事は約 9 分で読めます。

こんにちは!chie(@funfanmakers)です。

 

今回は

「人たらしテクニック第1弾!モテる話の聞き方

についてお話していきます。

 

友達が私の話聞いてくれない。
部下が指示した通りに動いてくれない。
話が伝わらない…

 

こんな悩みを持たれたことはありませんか?

 

 

話が伝わらないのは、

「聞き方」に原因がある場合が

少なくありません。

 

 

ですので、

今回は「モテる話の聞き方」を踏まえたうえで

自分の話を効果的に伝える方法についてお話していきます。

 

 

後ほどご紹介する3ステップを実践するだけで

 

 

聞き上手力が上がり

あなたの周囲にいる人たらしと呼ばれるあの人に

近づくことができるかも!

 

 

 

カウンセラー資格をもつ私の

経験を踏まえて実践してきたステップですので

人間関係を円滑にするために何かお役に立てれば嬉しいです。

 

 

 

本題に入る前に

 

人たらしとは何?

人たらしの聞き方って?

 

をお話した方が

イメージが膨らみやすいと思いますので

まずは「人たらし」についてから、お話していきます!

 

人たらしとは?

人たらしとは、どういう人のことを言うのでしょうか?

 

誑す(たらす)

① うまいことを言ってだます。たらしこむ。たぶらかす。

② (子どもを)すかしなだめる。きげんをとる。

(Weblio辞書より)

 

ということは

 

人たらしを直訳すると

 

人をたぶらかして、だます人。

 

という意味になります。

 

え?

そんな人になりたくない!

 

そう思われたあなた。

 

 

ちょっとお待ちください!

 

 

最近では、言葉本来のネガティブな意味ではなく、

 

沢山の人から愛され、可愛がられる人

 

と言う意味で『人たらし』という言葉が使われています。

 

 

あなたの周囲にも

なぜか、周囲の人から愛される人はいませんか?

 

 

仕事でもプライベートでも、

常に人に囲まれて中心にいる人っていますよね。

 

 

あなたが今イメージした人。

 

 

その人こそ、人たらしです。

 

 

 

人たらしには共通する特徴があります。

 

今回は、

人たらしの特徴の一つである「聞き上手」

スポットを当ててお話していきます!

 

人たらしは聞き上手

人たらしの特徴の一つに

「聞き上手である」というのがあります。

 

 

あの人と話すと、元気が出てくる。

あの人と話すと、あっという間に時間がたっちゃう。

 

 

そんな聞き上手になるためには

3つのポイントがあります。

 

共感力が高い。

共感力というのは、

他者の気持ちを感じ取り、理解する力のことを言います。

 

相手の言葉ではなく、

相手の想いを尊重するということです。

 

例えば

A子さん
昨日、友達にドタキャンされてショックだった…
ドタキャンはだめだよね。

 

 

ではなく

 

 

A子さん
昨日、友達にドタキャンされてショックだった…
ドタキャンされて、A子はショックだったんだね…

 

 

微妙な違いですが

上は

起こった出来事への同調

 

下は

相手の気持ちへの共感。

 

 

人は

タイミングのよいあいづちや質問、

相手の微妙な気持ちの変化に合わせて

表情やトーンを変えたり

 

「自分の話を聴いてくれている。」

 

と感じると、ついつい心の扉を開いてしまうものです。

 

相手の話に興味を持つ。

相手の興味や性格に興味を持つこと。

が、2つ目の聞き上手になるためのポイントです。

 

コツとしては、話を聞いていて自分が心から楽しいと思うこと。

 

相手はどんなことにの興味を持つのだろう。

相手はどんな考え方をする人なのだろう。

 

 

自分とは違った考え方や

自分の知らない分野の話を聴くだけで

今まで知らなかった世界を知るきっかけになるかもしれません。

 

 

知らないからつまらないのではなく

「新しい何かが得られるかも」という気持ちを持つと

相手の話も楽しんで聞くことができますね。

 

最後まで話を聴く。

自分が調子よく話している途中で

話の腰を折られたとしたら、どうでしょうか?

 

もう話す気もなくなってしまいますし

相手の話も聞きたくなくなってしまう可能性もありますよね。

 

聞き上手な人は

相手の話を解決しようとか

否定や批判はしません。

 

 

相手の決断や、想いを尊重する。という姿勢で

最後まで話を聴きます。

 

 

「思わず、言おうと思っていなかった相談事もしてしまった」

という経験がある方も

おられるかもしれませんね。

 

 

 

この3つの聞き上手のポイントを押さえて

あなたも愛される人たらしを目指していきましょう!

 

 

会話をしていると

聞いてばかりではなく

自分も話したい!という気持ちが出てくることもあります。

 

 

聞き上手を目指しているから、今日は話さない!

 

では、

 

コミュニケーションがうまくとれない。

 

という事態に陥りかねません。

 

 

相手の話を聴きながら、

自分も話そうと思った時に

相手に自分の話を聞いてもらいやすい話し方

3つのステップを次にお伝えします。

 

人たらしになる話の聞き方+話し方の3ステップとは?

人たらしの特徴である

相手の話を引き出しながら、

かつ、

自分の話を相手に効果的に伝える3ステップを

これからご紹介します。

 

 

その前に、前提として踏まえておいていただきたいことがあります。

 

それは、

 

自分の態度が

相手の態度になるということ。

 

例えば

 

自分が誠実な姿勢で関われば

相手も誠実な姿勢で関わってくれる。

 

逆に

 

自分が相手を否定ばかりしていると

相手も自分を否定してばかりになる。

 

 

鏡の法則ともいわれるこの法則を踏まえて

では、どうすればいいのか?

 

 

つまりは、

「相手がしてほしい態度を自分が取ればいい」

 

ということです。

 

 

では、詳しく1つずつ見ていきます。

 

1、相手の話を聞く

自分の話をしたいところをぐっとこらえて

まずは相手の話を「興味を持って」聞くことに専念しましょう。

 

あいづちや表情、質問もうまく活用しながら

より相手が話しやすい空間作りを意識します。

 

2、コメントやリアクションする。

相手の話に対してのコメントをする。

リアクションは大きく、

できるだけポジティブにするように意識しましょう。

 

3、自分の話をする。

相手の話を最後まで聞いてから、自分の話をすることで

 

「自分の話を聞いてくれたから、自分も聞こう」

 

という気持ちが無意識に生まれ、

話をしっかりと聞いてもらいやすくなります。

 

この3ステップについて

動画でもまとめておりますので

良ければこちらもご覧下さい。

 

人たらしな聞き方と話し方のまとめ

 

いかがでしたか?

 

人たらしになるには

相手の気持ちを尊重する姿勢が大切ですね。

 

今回ご紹介したコツは

すぐに実践できるものではありますが

今日明日ですぐに変化の出るものではありません。

 

 

コツコツと積み重ねることで

同姓、異性問わず周囲に人が集まり

人たらしに近づいていきます。

 

 

多くの人から愛される人たらしになっていきましょう!

 

 

話の聞き方や話し方が分かっても

滑舌が悪ければ

印象の良さが激減ですよね。

 

滑舌の悪さの原因は

舌の筋力不足かもしれません。

 

舌の筋肉をストレッチすることで

滑舌が改善する舌体操を

動画付きで記事にまとめていますので

良ければこちらもご覧ください。

舌体操で滑舌をよくする方法

 

 

良ければシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA