• HOME
  • BLOG
  • BODY
  • 写真写りのいい、ほうれい線のない顔を目指す顔ヨガ!

写真写りのいい、ほうれい線のない顔を目指す顔ヨガ!

この記事は約 5 分で読めます。

こんにちは!Chieです。

今回は

「写真写りのいいほうれい線のない顔を目指す顔ヨガ」をご紹介します!

お悩みシスターズの声
https://fun-fan-create.com/wp-content/uploads/2020/03/onayamisisters3.png

は!!笑いジワができてる!

https://fun-fan-create.com/wp-content/uploads/2020/03/onayamisissters2.png

顔老けたし、来週の同窓会で写真撮るの嫌だな…

https://fun-fan-create.com/wp-content/uploads/2020/03/onayamisisuters1.png

ほうれい線、どうにか消えないかなぁ…

同窓会や、結婚式など集合写真を撮るときに

肌はつやつやほうれい線のない、いつまでも若々しい、

 

年齢を感じさせない顔でうつりたい!

 

 

多くの方の共通の悩みですよね。

 

これは、女性だけのものではなく

男性ももちろん当てはまるのではないでしょうか。

 

ほうれい線のない、若々しい顔になっていくために

なぜほうれい線ができるのかを知ることから始めましょう。

 

今回は

ほうれい線は何故発生するのか?という原因

ほうれい線予防に効果的な顔ヨガ

をご紹介します!

ほうれい線は何故できるの?

ほうれい線とは、小鼻の両側から口角に向かって伸びているシワを指します。

笑うと口角が上がるため、目立ちます。

 

加齢とともにシワが深くなるというイメージがありますが、

年齢に関係なく20代でもできます。

 

ほうれい線があると

一気に老け顔になってしまいますよね。

 

では、ほうれい線は何故できるのでしょうか?

 

ほうれい線は、加齢だけではなく

肥満や乾燥によって年齢問わず、徐々に深くなってしまいます。

 

いかに主な原因についてお話ししていきますので

当てはまるものがあるかチェックしてみましょう。

皮膚のたるみ

強い紫外線を浴びたり、年齢を重ねたりすると、

肌のハリやうるおいを守るコラーゲンや

肌のハリや弾力を支えるエラスチンが減少してしまい

肌はハリを失ってしまいます。

 

肌がハリを失ったことが原因となり、皮膚のたるみが生まれ、ほうれい線を目立たせてしまいます。

乾燥

潤いが不足し肌が乾燥すると、肌の表面に小さな小じわができやすくなります。

この小じわをがある状態が継続すると

大きなしわとして定着してしまいます。

 

20代のほうれい線の一番の原因は、乾燥だと言われています。

肥満

顔の皮下脂肪がたまることも、ほうれい線の原因の一つです。

皮下脂肪が増加すると、頬が、重みに耐えきれずに下がり、

結果としてほうれい線が目立ってしまいます。

 

ダイエットを繰り返し、体重の変動が大きいと

皮膚のたるみが起こり、

ほうれい線ができる原因にもなりかねないので

無理なダイエットにも注意が必要です。

表情筋の衰え

顔に60以上もある表情筋。

表情筋も他の筋肉と同様、動かさないと衰えていきます。

 

表情筋が衰えることによって

頬のたるみやほうれい線に繋がってしまいます。

 

 

ほうれい線ができる原因が分かったところで

 

では、

ほうれい線を予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今回は

「表情筋の衰え」で起こるほうれい線の予防に効果大の顔ヨガをご紹介します!

ほうれい線予防の顔ヨガとは?

では、ほうれい線予防に効果的な顔ヨガをご紹介します。

始める前のポイント

1.姿勢を整える

  1. お尻から背骨をまっすぐ上に引っ張られている感じで伸ばす。
  2. 肩の力を抜き、鎖骨を横に開く。
  3. お腹の下の方に力を入れると体幹が安定します。

 

2.伸びている部分を意識する

一つ一つのポーズで伸びている筋肉が違うので

しっかりと伸びているところを意識して行いましょう。

 

3.呼吸を忘れない

ポーズに真剣になればなるほど忘れてしまいがちなのが呼吸。

空気を循環することで筋肉もほぐれやすくなるので、

鼻呼吸を意識しましょう。

 

4.大げさなくらい大きく動かす

小さく動かしていても、

筋肉のストレッチ効果が小さいので

自分の身体と相談しながら

できるだけ大きく動かすことを意識しましょう。

 

私が実践するときの目安は、

筋肉が伸びているのを感じるくらい。です。

やり方

1.右手を左側のこめかみの少し下から頬の肉と、目尻が上がるように引っ張る。

ほうれい線や目尻のしわを伸ばすように引っ張りましょう。

2.その状態で右に顔を傾ける。

顔を傾けることによって、更に表情筋のストレッチになります。

3.舌を下になっている側の口角から思い切り出す。

引っ張っている方のあご周りのリフトアップや

二重あごの解消に繋がります。

4.鼻から息を吸って、口から「はぁー」と吐く。

呼吸を引っ張られている頬に届けるように

たっぷりと息を吸いましょう。

5.3回呼吸する。

 

 

6.左側も同様に行う。

 

7.鏡で口角を左右でチェックして、下がっている方をもう一度行う。

左右のバランスを調整するために行います。

 

 

動画で実践しておりますので、こちらもご参考ください。

 

思いきり頬肉を引っ張りながら舌を出しているので、結構な変顔です。

 

写真写りが良くなる顔ヨガのまとめ

 

写真写りのいいほうれい線のない顔を目指す顔ヨガ、いかがでしたか?

 

手も使って、ダイナミックな顔ヨガですが

顔ヨガをした後は頬肉が伸びた感じと

血行が良くなることによってすっきりとした感覚がありました。

 

動画の中でもお話していますが

リフトアップした頬を形状記憶する顔ヨガでもあります。

 

筋トレやストレッチと同様、

継続することで、

あなたの目指す顔に近づいていきます。

 

ですので、

1日1分のストレッチをまずは2週間、

続けていきましょう!

 

 

顔の表情筋を動かすことで

小顔や美肌に繋がるとされる顔ヨガ。

 

ですが、

一部では

「顔ヨガは効果なし!」

という情報も見られます。

 

なぜ、効果が表れる人と効果が出ない人がいるのでしょうか?

 

そのあたりについて、

お話させていただいているので良ければこちらもご覧ください。

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。